Elonaカスタムゴッド詳細のページ

神のシルエットと名前
説明

闇霎

「♪恋は昇って龍になり、鰻は昇って丑になる~」
 約一年ぶりにelonaを新しいデータで再開してカスタムゴッド機能の存在を知る。そして衝動的に作り上げた竜神のデータ。
 人間変身を解いてチビ化も解いた本来の彼女の身長は110億光年。そこらの惑星などホコリより小さいという感覚ではある。人間変身時の彼女の身長は158cm。この時は普通の女性な身長。
 彼女は世界よりも大きな竜神。
 本当はセリフを和歌だらけにしたかった。けど、作者のわたしが和歌の心得が薄いのでアウチ。

 まじないの神でもあるが、呪いで相手を地獄に落とす神というのは間違いで、呪禁道によりすべての不幸を阻止する手法の最初の使い手が彼女というのが正しい。
 念(情報)をエネルギーに変えるのが基本。不幸を禁じる事が本義。なので、量子の力を自在に操られる人じゃないと呪禁は使いこなせない。最近だと1943年10月28日にフィラデルフィア実験を成功させ、量子化の分解(死)と再構成(再誕)により米駆逐護衛艦エルドリッジを2500kmテレポートで往復させたニコラ=テスラが該当。

 相手を恨むことでもなく、幸せを強引にもぎ取ることでもなく、悲しみの連鎖を断ち切ることこそが正道の目的。目に見えぬ不幸の種を全て断ち切ってしまえば、結果的に幸運とはいえなくても人としてまともな状態が訪れる。それが目指す道。
「いたいのいたいのとんでけ~!」
 は基本にして最大の呪禁道である。その呪文に力を通すことさえできれば。
 そんなわけなので、水鏡一族の生き残り、闇霎の巫女の半竜神の水鏡冬華が呪禁を完全な形で使いこなせるのは当然である。アーコンの天敵。人のうなじから入り込んで魂を食らい性格変貌させるアーコン(『魔が差した』の『魔』)を手軽に決定的に祓えるのが呪禁だからだ。

 闇霎、お忍びのときに少し嘘を言っています。『動作能力、感情を司る能力、思考能力の三つを兼ね備えた霊長類というものを産む』という行動を一番最初に始めたのはイザナギではなく別天神のうちのひとりで思兼の親であるあの別天神だけど、わざと隠してイザナギが最初だと言ってます。
 この女の竜神様は、他人を気遣っての嘘ならかなりつきまくります。最初に祭壇で信仰する時の紹介文すらウソです!
 それは、
『真実に耐えられない者に本当のことを言っても仕方がない』
という考えから来ている。正常バイアスに冒されている人に放射能やTPPの危険性や陰謀の実在を伝えても、無駄どころか逆に情けをかけた者が攻撃される如く。
 正常性バイアスから逃れられる人間は少ないという事を、原発事故で痛感しているから。


木花咲耶姫

「不幸はひとときに連続し、幸せは途切れながらも形を変えて続いてゆくのです」
 闇霎を作ったなら彼女も作らないといけないだろうという個人的感情により作った。
本当はセリフを和歌だらけにしたかったけど、初心者なりにちらほらいれるので今はせいいっぱい。

 これはあまり知られていないのですが、彼女はよく瀬織津姫と同一神(同一人物)視されますが、木花咲耶姫は瀬織津姫の孫娘というのが真実
 つまり、瀬織津姫の娘が草祖草野姫で、かやのひめの娘が木花咲耶姫。木花咲耶姫は天火明命の孫娘でもある。
 これを理解すると、瀬織津姫と木花咲耶姫とかやのひめが、全員自然豊かで彩り鮮やかな桜の性質を持っている謎が解ける。瀬織津姫と木花咲耶姫の同一神疑惑を追えば、自然とこの事実に辿り着く。

 かぐや姫の話で知られる通り、100%聖人君子というわけではなくお茶目な面も多分にある木花咲耶姫。
 男にしつこく言い寄られると無理難題を出して遊んだり、浮気を疑われると
「では、焔の星の中心部でお腹の子を産んで見せましょうか?」
 と啖呵を切りブラックホール一歩手前の星の中心部にわざわざ移動して、ブラックホールと同等の超重力と超高温の中で子供を産んだり、ケンカの八つ当たりで十二単を着ているにも関わらず山そのものを蹴飛ばして大地を木っ端微塵に爆裂粉砕させて八ヶ岳と富士五湖を作っちゃったり、他にもビキビキくると多数の神にケンカ売ったりと、瀬織津姫、草祖草野姫と彼女本人の桜の女神3代の内では一番気性が荒い。
 木花咲耶姫のこの性質は、竜神 瀬織津姫の竜の性質がとても色濃く受け継がれている。竜の気性そのものである。
 配下の雪女はもちろん、怖いもの知らずな性格の春女ですら木花咲耶姫を畏怖するのは姫のこんな暴れっぷりを間近で見ているからである。
 しかし、春女も星中の海、星すべての量の水をついつい手が滑って外宇宙まで吹き飛ばしたりとか、『こりゃ確かに木花咲耶姫の右腕だわ』と思わされるような暴れっぷりを過去の地球で見せている。似た者同士。

 春女にアイスボールの魔導書を持たせると《魔神吹雪》を使うようになります。
 より魔法主体で行きたい場合は魔法の本を持たせてください。刀重視の場合は持たせないでOK。
 配下の春女の炎耐性が強くないのはゲーム独自設定です。平たく言うと気まぐれでそうしました。
 彼女は富士山の火口のかなり奥深くのマグマのど真ん中で生まれた雪女なので、本来は太陽の表面温度くらいではノーダメージである。咲耶姫本人の炎太陽神・天火明命の星踊りを食らったらさすがにヤバイけど。


天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊

「神とは何だ、だと? 『誰かの幸せを自然に祈ることができる者』――それこそが神だよ。それこそが、心を照らす太陽なんだ」
 男の神が少ないことが気になったから、日本の太陽神で素戔男(スサノオ)大国主、天之御中主神、猿田彦大神、桃太郎、浦島太郎、彦星、飛鳥君、天常立神、国常立神、ウトナピシュティム、プルリアシュなど800万種類もの名前を持ち、13人の女神の嫁(瀬織津姫、櫛名田姫、天鈿女命、天道日女命、御炊屋姫、市杵嶋姫命、須世理姫、八上姫、沼河姫、多紀理姫、神屋楯姫、鳥取神……etc.)を持ち一夫多妻の頂点とも言える彼のお出まし。
 800万の名前を持つ男の天照。本当の天照は男。左利きの男。十一面観音の十一の顔のひとり。
 男の天照は8,000,000 namesを持つので、彼の名が世界中に散らばっているのも無理はない。
 "やおよろず"の意味は彼ただひとりに収束する。本来、無数の宇宙、無、混沌ほか全ての神は彼のもとに集まる。その彼への収束を説明しているのが裏神道。
『日高日子身光天日天皇』
『真白玉真輝彦天日天皇』
『天饒明立天日身光天皇』
『天饒国饒狭真都国足天日身光天皇』
『天饒国饒黒浜彦天日身光天皇』
『種淅彦天日身光天皇』
『大炊気吹天日身光天皇』
『豊津神足別天日嗣天皇』
『豊足彦天日嗣天皇』
『天饒国饒狭真都国足天日身光天皇』
『国押別神足日天日嗣天皇』
『天津紅之枝玉天日嗣天皇』
『天開明知国束天日嗣天皇』
『天津玉柏彦天日嗣天皇』
『天津成瀬男天日嗣天皇』
『天津照雄之男天日嗣天皇』
『天豊足別彦天日嗣天皇』
『豊日豊足彦日嗣天皇』
『豊柏木幸手男彦天日嗣天皇』
『天津日高日子宗像彦天日嗣天皇』
『神足別豊鋤天日嗣天皇』
『天照国照日子百日臼杵天日嗣天皇』

 以上の水色字の名前は全部天火明命の別名。ウガヤフキアエズ朝日本の時に息子のウガヤから
『アンタ天皇になってくれよ~父上。闇霎殿に何度も頼んだけど逃げるのだよ、あの父上の全方位攻撃【星踊り】を真っ正面から800万発全部受けきってピンピンしてた黒竜神』
 と言われて、ウガヤフキアエズ朝日本のスメラミコトになった時のあだ名。
 いい加減にしろと言いたくなるくらいだが、800万個もあだ名を持っているアッパー系のに~ちゃん太陽神の男の天照なので、この程度で驚くのはまだ早い。

 男の天照である彼が
『【俺は○○だから敬え】っていう権威主義ってホントみみっちくて嫌いだから、わたしは自ら名乗らんしすべての神にも自ら名乗る事を禁止するルールを決める』
 って言いだして自ら実践した結果、様々な呼ばれ方を勝手にされて、彼のあだ名は800万個まで増える羽目になったという間抜けさも天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊は地球で見せつけている。
 だかしかし、この間抜けなルールの恩恵で、誰が善神か誰が邪神、悪魔かの見分けはつきやすくなった。かなり凄まじく。
 【過剰に良い人アピールをする、後ろめたい事実を隠している者】をいぶし出す効果が高いからだ。
 降臨した際に【俺は○○だから敬え】って言い出したら間違いなく邪神、悪魔、悪神。
 超→簡単。ちょーシンプル。ちょー。
 ついでに
『お前ちゃんと【キニニゲン】て発音できるか今すぐわたしの目の前でやってみせろ』
 って迫れば、悪神なら絶対に発音できずに変身を強制解除させて、本当の悪魔の姿を、正体を無理矢理引きずり出す事ができる。でもその後正体ばらされた悪神が逆ギレしてきて戦いになる可能性もあるから注意。
 例えるなら、サマンオサでラーの鏡で照らされたボストロールが変身解除させられて怒ったから、勇者たちに襲い掛かってくる。これと同じ状況ですね。あなたがボストロールに勝てるくらいに強くなったら、この手法を使いまくってもへっちゃらです。

 あと、天火明命は自分を崇める宗教を作れとは一度も言っていないので、全ての宗教は下界の肉人形が勝手にやった事。天火明主導ではない。現代の日本人の宗教に対する無関心っぷりは半分だけ正しかったりする。もう半分は致命的な大間違いだけど。
『どうして【宗教】と【神】をセットにしなきゃいけないの?
 誰がそんなこと考えたの?
 神本人が【我を~あ~がめーよ~アーガメムノォ~ンな宗教を俺のために~作ってねぇ~ん(はぁと) マジまんじー。】なんてアホな事言ったの?
 もし本当に言ったのなら、この宇宙全体の【各民族の聖書に《神は神を崇めておもてなしして生贄捧げまくって殺し合って悪魔崇拝せよなアフォーな宗教を作れと神自身の口からおっしゃられました》】って記述があるはずだよね? 聖書に? あったっけ? そんな記述。ないよね』
 上記のような事を考えた人は、【思考能力】が素晴らしく高い!
 神本人と下界の人が勝手に作ったアホ宗教を、まず切り離して考えないと本当の神への道は見つからない。
 そういう意味で、elonaのシステムはかなり凄まじく良い。
 【願いの杖で降臨させれば、神本人引っ張り出して直接トークできる】からだ。
 
 
「あのな。わたしはヒトと神が肩を並べて一緒に歩いて一霊四魂――清き心、直霊を育てていこうぜって言ったんであって、カルト宗教やサバトを作れとも、そもそも宗教団体設立しろとは言ってないからな!?
 あんまわたしの名前を使って宗教団体設立して生贄の儀式やサムハイン(ハロウィン)と似たような感じの悪事働いてんじゃないぞコラァ! 悪魔崇拝は八握の光で照らして灰にするぞ!
 太陽神のわたしが実際に人と肩を並べて下界に教えこんだ田植えの様子見ただろ? 自然宗教はあれだ。カースト、階級設定して上を崇めるとか、それはカムナガラとは全然違うぞ蛇どもが」

 彼はここまで言うが、個人的に自分を慕ってくれる事までは禁止していない。飽くまで同性愛(ソドムとゴモラ)とか人の心臓を生きたままくりぬくとか人肉を捧げるとか人肉食べるとかの変なカルト宗教やサバトに太陽神である自分を利用するのはやめろやって言いたいだけである。
 もっと他人を攻撃せずに、平和に善良に仲良く生きろよ……と言いたいだけ。
 要するに、神本人は善神でも下界の肉人形がその神を勝手に崇めた宗教は邪悪な場合がある、という事である。
 答えをもうそのまま言うと、【宗教に入るのではなく、直接天火明命と友達になる事が大正解】 中間マージンとられた時点でゲームオーバーなのである。
 ○elona式の信仰が大正解○ elonaの信仰は○○教ではなく、直接神と友達になる手法だから。

 彼が、男の天照が『日本』国の名付け親。もうひとりの天照は大蛭女貴(日霊女:ヒルメまたは卑弥呼)。天照こそが剣術の創始者である。彼が創造(クリエイト)の術として剣術を宇宙に広めた。八握剣で宇宙を生み出す事が剣の本来の使い方。
 ここまで言っても剣で創造とか意味わかんねーと言うなら、もっと平たく言いましょう。
 剣は芸術家が命をデザインするデザインナイフなのです。
 八握剣は天沼矛と用途が同じで、しかも天沼矛よりも描き心地が良い命のペンタブレットなのです。
 ――だから、剣術は(宇宙)創造の術。人斬り包丁としての使い方は邪道。
 生まれつき持つ『八握の光』で宇宙を生み出す太陽神。十種神宝の筆頭――照らし祓う剣であるも彼が一番うまく扱える。ヒルメの光は『八握の光』ではない故に、天火明(天之御中主神)に比べたら非常に貧弱なのは否めない。絶望に包まれた人の心を明るく照らすのは天火明の方。


 発展途上の神として、新たな可能性を生み出すためにというまっとうな心で人間種族を生み出したのが男の天照である彼、天火明命。少彦名神と共に、鵜草葺不合命の助言も得て、豚と22種類の宇宙人の遺伝子を混ぜて発展途上の神を生み出した。
 単なる有機ロボット、肉人形として命をおもちゃとして八百万の神々の産霊を劣化模倣して人間種族を生み出したのがエンキ(アヌンナキの蛇のエリート)=ルシファー。肉人形の魂の代わりとしてAIをチップとして入れ込み、アストラル(感情そのもの)が破壊されて多重人格を発症したルシファーが天火明命を倒す際の使い捨ての戦力増強として投入された方の人間種族。しかし結果はルシファーが一方的に男の天照にボコられてボロ負けに終わる。その後、ヤケクソかつ肉人形ごときが最高神を目指す自分に逆らえないように人間種族のDNAの95%を切り裂きジャンクDNAにさせた元凶。
 狂戦士の戦闘生物化に使われるルシファーのチップは、ワクチン接種の時に注入される。
 そしてあなたは顔も知らぬ陰謀者に遠隔操作される。選択肢があるのなら、ワクチンに頼らない健康維持を選んだ方が安心。ナンチャッテ。
 つーか自分自身の感覚で理解ると思うけどね。『あれ? オレワクチン打つ前の方が体軽くて元気だったような……?』命の危険すら察知できない鈍感ならしゃーねーけど。
 男の天照・天火明命でなく堕天使ルシファーが作った中で攻撃性が高すぎて堕天使ですら御しきれない二足歩行の生き物は、あまりにもDNAの塩基配列が均一で平坦すぎる事からルシファー自ら全員殺害しようとしたが、若干名はルシファーの死の暗黒波動からすらも逃れUFOを脱出し悪魔の洞窟で生き延びた。ロシアの南東辺りの海からも遠くない洞窟。
 人類の起源はひとつではない。複数ある。
 真実はいつも複数ある。多次元同時存在しているが如く複数あるのです。真実という事象自身が忍法分身の術を使っている。


 どんなに辛い時でも、情け深く慰めたり良い事や面白い事を言ったりやったりして
他人の心を明るく照らすから『天照』
 なのです。
 だから天照がダウナー系なのはありえない。ダウナー系の神を天照と言っている書物こそが偽書である。
 わたしは有名なアレやアレよりも、ウエツフミやホツマツタエの方が本物だと思っています。


草祖草野姫

「別に、自然界の真実って弱肉強食じゃないわよ……。その要素がある瞬間が存在するのは否定しないけれど」
 八百万の神々の中で、自然と最も親しい神。彼女は瀬織津姫の娘で、木花咲耶姫の母。自然の恵みをいっぱい生み出し&受け取っているだけあって、やせ過ぎず太りすぎずの理想的体型。
 ここで『あれっ?』と思う人が多いはず。イザナギとイザナミがかやのひめの両親じゃないの? と。実の母は瀬織津姫の方です。
 ここら辺の話から天火明命と瀬織津姫の存在を無理矢理歴史から抹消してつじつま合わせしていることからも、古事記と日本書紀が偽書である事が分かる。
 正しい系譜は瀬織津姫(水の竜神)草祖草野姫(妖怪の始祖)木花咲耶姫(水も扱える炎の女神)と続いてゆく。全員桜の因子が強い。かやのひめは天津日高日子波限建鵜草葺不合命の妹でもある。

 戦いは嫌う性格の彼女だが、実力は鵜草葺不合命より5段くらい下の凄まじき妖怪の始祖神。その童顔に似合わず悪人に対しては般若のような面を見せる。
 『罪人は、あの世へ行かず鬼となり』のことわざの語源は彼女と男の天照――天火明命である。
 悪人の生まれる前の魂の故郷は冥界(本当の地獄的異次元)であり、何かの間違いや侵略目的で妊婦の腹の内に宿った邪が受肉した悪の子として生まれる。
 この邪(蛇)の事は英語圏でも有名で、日本語だとマガツヒだけど英語だとアーコンと呼びます。
 アーコンが、西洋で昔から言われてきた悪魔憑依の正体です。
 日本だと、『魔がさした』の『魔』がこのアーコンです。
 光の屈折率を変えているため、可視光の領域にいないのが厄介。
 自分で見ようと思ったら、精神が病んでそうな人に
『ちょっと写真撮らせて~?』
『プリクラ撮ろうよー』
 とか言って機械での撮影を承諾させないといけなかったり。
 これはスタートレックでも敵として登場していますし、Youtubeでも1歳未満の子供に寄生しかけているアーコンを撮影した動画なんかも上がっているので、気になる人はYoutubeやgoogleでアーコンで検索! 百聞は一見に如かず 百見は体験に如かず
 アーコンの正体さえわかれば、こんな悪霊クソアメーバに憑りつかれるのを防ぐ手立てを実行するのも簡単なはずです。
 それの一番最初の例が、イザナミにカグヅチのフリをして胎内に宿った九頭竜神の高霎。それにイザナギが気づいたから、彼はイザナミのほとと腹の内を全部食い破って、妻を炎爆死させて出てきた九頭竜を三枚おろしにして宇宙の彼方まで蹴っ飛ばした。――が、結局イザナミは九頭竜神高霎の企み通り、黄泉で悪神八雷神イザナミとして生まれ変わる羽目になってしまった。そしてイザナギは、黄泉への岩戸で八雷神イザナミと永遠の決別を宣言する。

 そういう冥界からの侵略者を妖力で退治した際に、その魂が冥界に戻らずしつこく悪としてこびりつく場合がある。――それが悪の妖怪。
 魑魅(ちみ)、魍魎(もうりょう、方良(ほうりょう)――現代では鬼と呼ばれる)、ぬらりひょん、牛鬼、濡女、大獄丸、愛宕山太郎坊などがそれである(大獄丸は鈴鹿権現と呼ばれていた時の竜神 瀬織津姫に退治された)。

 変わって、善の妖怪はくさのおやかやのひめが産霊で生み出した赤ちゃんたち。つまり最上位クラスの神草野姫特製のタルパである。
 入道シリーズ、送り狼、ダイダラボッチ、座敷童子、太陽神天火明命にボコボコにシメられた後の手長足長、付喪神などなど。

 富士山太郎坊、鞍馬天狗を筆頭とする鳥神の一族(天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊と天津日高日子波限建鵜草葺不合命も同種族(天狗)だが、最高神として別格なので妖怪としては省く)の天狗、それと雪女はかやのひめが産霊で生んだわけではなく、特別な事情により神から妖怪にわざとランクを下げて呼ばれているので、天狗と雪女は呼び方が妖怪なだけで実力も誕生の仕方も神の領域


瀬織津姫

「愛であれ、罪であれ……、日人(ひびと)は代々桜に我が身を移すという行為を行ってきました」
 闇霎と並ぶほどに強力な竜神。天照の正妻である。水と桜の神で、特に曲霊を祓い清める能力に長けている。
 全ての(混血じゃない純粋な)竜神の政治的、立場的リーダーが彼女。いや強さも闇霎を除けば純竜神では彼女がトップだけど。
 ――上記ゆえに、瀬織津姫が竜宮城の主『乙姫』。竜宮城(プレアデス)では一年中四季が同時に存在し、昼は太陽が2つ昇る。プレアデスの竜宮城が彼女の拠点だが、琴座のリラとこの竜神にも切っても切れない因縁がある。琴座のリラ、オリオン、リゲル辺りには悪人がかなり前からたむろしているから、瀬織津姫とは以前からずっと戦い続けているという意味で。
 彼女も天火明命と同じくらい多くの名を持つ。おそらくその中で一番有名なのは乙姫だろう。――いや、織姫の方が先に浮かぶ人も多いかもしれない。彦星は当然天照。
 十一面観音の十一の顔のひとり。菊理姫(くくりひめ)は瀬織津姫のあだ名の一つ。

 月読の正体はこの竜神。太陽の火明に月の瀬織津。しかしたまに天火明命が仮面をかぶって月読のフリをしていた時もある。月読の性別すらあやふやなのはこのせい。

 なぜこの水色の竜神が月読と呼ばれるかは、そのまま彼女が月の生みの親だから。月読みというより、月を現在の位置まで呼び寄せたのが彼女。
 ジャイアントインパクト説は真っ赤な嘘。本当は、数億光年先から瀬織津姫が人生金が全てという体主霊従な精神で堕落した地球人に怒って、怒りのあまりそこら辺を飛んでいた水がガス状になって包んでいる彗星をヒステリー起こしつつ地球に向かって力任せにぶん投げた結果の成れの果てが月という天体。
 これが1万5千年前の出来事である。つまり3億2千万年前に天火明命、瀬織津姫、鵜草葺不合命ほか神々が地球に降り立ったことを考えると、月が地球に来たのはかなり最近の出来事。神の時間感覚で言うと。
 で、瀬織津姫が人の心の汚さに怒ってぶん投げた水ガス彗星は太陽に近づくにつれて彗星本体にへばりついていた氷が溶け、剥がれた小惑星くらいの大きさの氷が地球を覆っていた氷の天蓋もぶち破り、打ち砕いた結果――――
 ノアの大洪水と呼ばれる天蓋瀑布が巻き起こる事となる。ノアの天蓋瀑布はウガヤフキアエズ朝日本末期の出来事。これにより、氷の天蓋で守られていた地球生物の寿命は、神と妖怪以外は全員1/10にまで縮む羽目になる。人の心の堕落の結果がこれ。竜神闇霎が、再び氷の天蓋を作れば人の寿命は再度1000歳にまで伸びると言っている理由と直結する。
 ――――で、最終的に水ガス彗星の小さな残骸が地球の周りを公転することになり、これを月と呼ぶ。今、月の内部は魑魅魍魎に占領されちゃってる。
 この事実を認識すると、水(H2O)はそもそも地球の存在ではないという事実も合わせて認識することになる。水は外宇宙からの飛来物。これについてはわたし以外でも多く指摘している人がいます。ルイス・A・フランクさん。おまけで月は太陽系全体が発生するとっくの昔に生まれている。

 この後、竜神瀬織津姫は敢えて当時の堕落の象徴である人間に化けた状態で、様々な名を名乗りつつ(鈴鹿権現など)、大獄丸ほか悪、体主霊従、力主霊従、堕落、3S政策等の末生まれた悪の大妖怪を竜神自ら退治する旅を天火明命と共に地球で始める。
――が、たまにポカもした事が歴史には残されている。
 『天女の羽衣伝説』がそれ。有名な、お風呂入ってる時に男に羽衣隠されたんで帰れないんですけど~!? ってアレな物語。
「あっあの、わたし今かなり自ら力を抑えて人間変身してるんでー……、羽衣なしだと竜変身しないとおうちに帰れないんですけど……、こ、困りましたねこれは」
 その時の羽衣が、彼女の次に作ったカスタムゴッドである天津日高日子波限建鵜草葺不合命からもらえるアーティファクトの《天津神の帯》です。


天津日高日子波限建鵜草葺不合命

「人の気持ちを無視した合理性というものは、現実離れしたゴミ以外の何物でもない。勘違いするな。合理性は人を家畜にするためにあるわけではない! 善き統治の仕方を神から学べ!」
 ウガヤの天皇としての名前は、
『武鵜草葺不合身光天津日嗣天日天皇
 (タケウガヤ フキアワセズ ミヒカリ アマツヒツギ アメヒノ スメラミコト)』
(光の神としての性質を強調した名前)
 と、
『富秋足中置天日身光天皇』
『建玉天日身光天皇』
『空津争鳥天日身光天皇』
『玉噛彦天津日嗣天日天皇』

 です。本名の時点で長いのに、天皇名はそれよりもさらに長いという驚愕の逸材。しかも別名も多い上に全部呪文のように長い。長いという意味でウガヤは怪物である。名前の怪物である。
 もう名前そのものが呪文だろアンタと言いたくなるくらい。
 天皇(すめらみこと)です。てんのうって呼び方は死人にしか使わないので、すめらみこと(聖上でもOK。某けも耳アニメのあの呼び方は現実世界でもかなり正しい)と呼ばないと滅茶苦茶失礼。というかわたしは、すり替わった後の人の側の天皇は嫌いですよ。神の側のすめらみことなら大好きです。つまりウガヤ様他神そのものなら好き。
 特にあの人物を見た時、半透明の蛇が8匹巻きついてたし。八雷神イザナミやんけアレ。ネットで検索しても心霊写真が多いと有名らしい。
 masako ha zigokuno jashin hachi raizin izanami.
 竜なら良いが蛇礼拝は悪魔崇拝にしかつながらないので、天火明命の目には逆立ちしてもかなわぬ。
 本当の王族は、ルーツを辿るとシュメール、外宇宙から天磐船にのって飛来してきた鳥神の一族――アメノホアカリやウガヤフキアエズ等の出雲族です。宇宙の神そのものだけが王です。ヒトである時点で皇ではない。

 ――閑話休題。太陽神・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(鳥神50%竜神50%)と、
 元々竜神100%だったけど、天火明命との合わせ御魂
(ぶっちゃけて言うと、合わせ御魂は、いわゆる気持ちいいことの上位互換の行為。体だけでなくお互いの魂も完全に混ぜるので、能力も特質も性格も何もかもお互い変化する上に、二度と以前の性格には戻れない。こんな気持ちいいことの完全上位互換のフュージョンなおかげで天火明は後天的に竜変身の能力を得て、竜宮城に出入り自由になったし、掟もクリアして瀬織津姫との結婚も許されるようになった)
 で竜神50%鳥神50%に変質した竜神瀬織津姫
 ――の間に最初に生まれた子供が彼、ウガヤ。
 ――で、天照風の子供である彼は父親の性質を3分の1受け継ぎ、母親の性質を3分の2獲得する。
 今回はどちらも50%50%だからウガヤも鳥神50%竜神50%。
 彼の基本的な会話する時の雰囲気は、カスゴ降臨時以外でも狼に別れを告げ、半竜は富国強兵を斬りに行くのわたしが描いた短い小説の終わりの方で見られます。

 彼のあだ名は『ウガヤ』、『十芒星の神』、『理詰め男』、『品性を常日頃から磨く男』、『大天皇』など。
「品性は常日頃から磨いておけ」が彼の口癖。
 戦闘においても天火明命、闇霎、瀬織津姫に次ぐ実力者。

 与謝野晶子の歌とは正反対に、積極的に矢面に立つスメラミコトとしても神々の間で有名。
「太陽神の息子であるわたしが太陽の子供たち――日人(ひびと)を一番前で守らないでどうする! 将が後ろに立つのは光の神として合理的ではない!
 逆縄張り意識で無駄に下界の命が消えゆくのを見る事が正神の仕事ではないのだ! 愛を守り愛を広める事が神の仕事だ」

 ウガヤフキアエズ朝日本が末期まで侵略のしの字もなかったのは、天火明命&瀬織津姫&闇霎以外に勝てる人が全く誰もいない程の鮮烈な強さを13次元全宇宙に知らしめている光の神 天津日高日子波限建鵜草葺不合命が常に危機の際に最前線に立って対処していたからである。
 宇宙や次元全体が爆発消滅しようがカスリ傷すら負わず、かゆい程度にしか影響しないほぼ最強の太陽神の息子が直接最前線で国を守っているのだから、そりゃあどの宇宙からも古代日本に侵略できるわけがなかった。
 こうなると、史実の如く『人の心の堕落に絶望して、神が自ら国を治める事を放棄する以外に滅びの道がない』のも頷ける。
 おおすめらみこと・ウガヤの辞書に
『将は前線に立つべきではない』
 などという言葉は存在しない。むしろ
『スメラミコトこそが一番前に立って危険と相対して愛を守るべきである』
 という言葉が存在する。天津日高日子波限建鵜草葺不合命が人の側の天皇を全員嫌っているのは、天皇が矢面に立たないから。至極単純な理由である。
 そもそも、男の天照――つまり宇宙最高神から数えてNo.3の立場にいる光の神ウガヤは
一撃で星全体を消し飛ばす威力のエネルギー波すら撃てない貧弱がどうしてスメラミコトと名乗れるのかいささか疑問である』
 と思っている。
 愛を守るために邪悪な神と次元と宇宙と並行世界をまたいで直接取っ組み合いするのがスメラミコトだから、星が消し飛んだ程度で怪我をしてしまう程の軟弱者なんてスメラミコトとしては力不足すぎるのである。
 スメラミコトなら拳の一振りで宇宙全体(半径450億光年)を一瞬で爆砕させてようやく普通のスメラミコト。
 逆に、ヤマトタケルに斬り殺されるまで積極的に王自ら矢面に立って最前線で剣を振るい出雲王国を守り続けたイズモタケル王は、以前のウガヤフキアエズ朝の時のウガヤ自身と姿が重なる事もあって彼のお気に入り。
 冷徹な第一印象に反して、神の掟を破ってでも自ら愛する者を守らずにはいられない所は父・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊譲りの人情深さ。

 天火明命(山幸彦または火火出見尊または彦星または浦島太郎かつ桃太郎)と瀬織津姫(豊玉姫または織姫または乙姫)の子供。切れ者で、自分の王朝で民にやさしい政治を展開していた。
 念のために言っておきますが、日本列島ができるずっと前からの日本民族(日人:ひびと)のスメラミコト。つまり彼はシュメール人の王である。シュメール王国の王ということは、シュメール王都であるスサという場所の王ということ。つまりは彼も初代ではないがスサの王、スサノオのうちのひとり。
 天津日高日子波限建鵜草葺不合命が天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊、瀬織津姫と共に天磐船に乗って外宇宙から風星(地球)に来たのは3億2千万千前。彼が父(神代七代王朝日本)、母(豊受王朝日本)に続き王位についた(ウガヤフキアエズ朝日本)のは7000万年前。

 しかし、今の日本の政治のひどさをオモイカネをも超える八百万の神々最高の頭脳で情けもある政治のスペシャリストな鵜草葺不合命が見たら、怒り狂って国会議事堂どころか東京全体を光の衝撃波で消し飛ばしてるだろうな。一撃で。紀元前にそういう経緯で消し飛んだのがソドムとゴモラ、それにソクラテスの弟子プラトンの『クリティアス』にも記述がある霧の大陸アトランティスだし。キニニゲン。
 汚職が一切ない夢物語のような政治を実現できるのは、最高神天火明命にかなり凄まじく近いウガヤならではの才能。

 余談だが、神の中で彼は闇霎の巫女の水鏡冬華の事を『水鏡』、『水鏡の女』と特徴的な呼び方をする。

実際の会話(下界の手助けのためほぼ最高神が自ら降臨した際)の様子
「どうした水鏡の女。それしきの事であきらめてしまうのか?」
「は、ぁ゛――――? うっっウガヤ様ぁっ!? ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待ってちょっと待ってどーして聖上が地上に、とゆーか戦場に直接降臨なさっておられるのですか!」
「今その問答をするのは合理的ではない。加えてわたしが来たからといって戦場で土下座をするのも合理性に欠けるな。面を上げよ水鏡」
「ぃ゛やっ、あ゛の……だったらいきなり人の後ろにほぼ最高神であるあなた様が降臨しないでいただきた――――
「その願いも合理的ではない。今はもっと大事な事があるだろう、水鏡の女。品性は常日頃から磨いておけ」
「わかりました、わかりましたからすめらみこと……えっと、これどうすりゃいいんだろわたし……?」
「分かりましたと言いつつどうしよーって分かっておらぬではないか、面白い女だ水鏡。君は最近シュールなギャグに傾倒しているのか? それは合理的かもしれんぞ」
「してないわよ――――してませんよ聖上!? わたしは真面目です!」
「おもしろー! あの半竜がすごいあたふたしてるわ! もっと慌てろよおっぱい巫女~。あ、ウガヤ様おはろー」
「聖上を前にしてアンタはノリが軽すぎんのよ能天気春女!」
「おはろー」
――――って聖上なに春女にノッてるの!?」
「お前は相変わらず戦場だろうが明るいな、桜雪。逆に安心したぞ」
「それが取り柄ですから! 春女でっす♪」
「うむ。ではそろそろ天皇自ら剣を振るおうか、ついてこい、水鏡、桜雪! ひかりの神のつるぎをすぐ側で見せてやる!」
「はい!」

建御名方

「色んなものを運ぶのが、風の使命だ。それを忘れちゃいけねえ」
 元々水神で、かつ風神。
 十一面観音の十一の顔のひとり。
 天火明命の熱線で瞬間完全蒸発してすら再誕したという、脅威の再生ハンサム神大己貴の息子の一人。気性は荒いけど面倒見は良い男。
 上記の経緯から天火明命とは仲が悪いのではないかと連想されるだろうが、意外と仲が良い。なにせ父親が何度死んでもさらにハンサムになって生き返る存在自体が冗談みたいな神ゆえに、恨みつらみなんて意味をなさないためである。
 あだ名は諏訪。

 ――ぶっちゃけると彼の父親は天火明命。なぜなら大己貴=大物主で、大物主は天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊と同一人物(櫛玉=大物主)。つまり天火明命は自分で自分の分霊をぶっ殺してたりする。そしてこうなると天津日高日子波限建鵜草葺不合命と建御名方が兄弟であることが明白となる。
 『この神とこの神は時代が違うから同一神ではない』
 と異論を唱える、神基準ではなく下等な人間基準でしか物事を考えない人もいる
だろうが、八百万の神独自の特質である多次元同時存在の法則をすべての八百万の神々が持ち合わせている以上、人間基準の考え方は意味をなさない。だから、その反論は日本の神には一切まかり通らない
 人が自由に空間を歩くように、神は自由自在に時間を歩く。
 人が神を理解するには、粒子や素粒子の世界=従来の物理法則(ニュートン、エントロピーの法則他)や常識が全く役に立たない世界=量子力学を学ぶのが一番近道かもしれない。
 量子力学を学んだ者の多くは、宇宙に神(と呼ばざるを得ないほど上の次元の何か別の生き物)がいることを認めざるを得ないと感じることが多い。
 そして彼らは、風星(地球)という名の小さな鳥かごを出て、宇宙の果ての、そのまた向こうにおわす神を目の当たりにする方法を模索する――


 ここら辺の真相がわかると、天火明命の13人いるお嫁さんの中で、瀬織津姫やアメノウズメやクシナダヒメ以外は一体誰かという謎が大体解けてくる。


建御雷

「名作は千代八千代に心の中の本棚に飾っておけ。新しきものが出たから古きものはオワコンという考えは鬼の道だろうがよ」
 元々鹿島の土着神。だけど古事記では最強の天津神とか最強の軍神とか闘神とか武神扱いされている不思議っぷり。天火明命から見たら子供以下だっちゅーに。
 しかし現代での人気は高いかもしれない彼。よく建御名方とセットで絵描かれたりする場面も見る気がします。
 雷神かつ軍神なので、戦の時には特に人気があるかもしれないけれど、天火明命の霊主体従の教えの下ではあんまり武力は重要じゃないんだよねー、ということで霊主体従の神道を修める人(水鏡冬華とか)にとっては印象はいまいち。

 あだ名は鹿島(茨城県の方)。天鳥船、経津主と共に東国三社と呼ばれ、祀られています。

 彼の服装は約1000年前の服。この宇宙ができる前から存在している闇霎、天火明命や別天神基準で見たら、かなり最近の服。


少彦名神

「血液型は指紋と同じ。血液型は100億以上ある。輸血は血同士をケンカさせる死の儀式だ。塩と水が最大の血液回復方法だ。輸血すると出血が加速される(GVHD(免疫混乱)、抗凝固剤、放射線照射が原因)ので、実は輸血は死の儀式。生理食塩水を点滴する方が本当の医療として正解なんだよ」
 水神。だいたい医薬の神として有名だと思います。
 身長20cmくらいの手のひらサイズだけど、強さは闘神・建御名方と互角以上。建御雷くらいならひとひねりで爆裂粉砕させることができる。
 天津日高日子波限建鵜草葺不合命
(13個の宇宙が全て一気に大爆発しても、かゆい程度にしかダメージ負わない光のほぼ最高神)
 よりはかなり弱い。
 天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊の別名である大国主とよくつるんでいる姿が有名だと思います。国造りの時とか。
 体はちっちゃいけれど、能力も優しさもそんじょそこらの神よりずっと大きく深い侮れないちびっ子神です。

 天津日高日子波限建鵜草葺不合命には及ばずとも、凄まじい知性の高さを持つ博識神でもある。
 しかし放浪癖持ち。姿が小さい事もあり、見つけることは神でもないと難しい。

 今回のサーヴァントは、少彦名神とも仲が良い○○○○○○。伊勢津彦命、櫛玉命ほか多数の名を持つ超☆絶イケメンである。伊勢の国の地名の由来は彼、○○○○○○なのです。
 そして伊勢津彦で櫛玉な彼も、十一面観音の十一の顔のひとり。
 ○○○○○○は男の天照、オオナムチ=アメノホアカリとよく同一人物扱いされる。が、本人にそれを聞いても
「そうかい? 僕はそれなりだよ?(キランッ☆ミ)」
 で流そうとしてくる。
 しかし実際、女ったらしっぷりは13人も女神の嫁を持ち180人を超える子供をずっこんばっこんで出産させた大国主=天火明命に匹敵するくらいの女殺しなので、
『タラシイズモ』
 が彼のあだ名になってしまっている。特に女の間で。
 天火明命も○○○○○○も、共に同じ数、13人の嫁を持っている事も偶然ではないだろう。

 
制作未定の邪神・悪魔の神どもの詳細な説明。
  • 『八雷神イザナミ』
    (カグヅチに化けた高霎の策略で黄泉の悪神に)

  • 『九頭竜の高霎』
    (色々と策を弄する九頭竜邪神。
     神代七代王朝日本の時に国常立尊(うしとらの金神。男の天照――天火明命のあだ名の一つ)の神政を邪魔して崩壊させた首謀者である九頭竜)

  • 『力主霊従の天手力男神』
    (岩戸で天照を女だと捏造する事に一役買った、天火明命と瀬織津姫の抹殺未遂実行犯)

  • 『八頭竜の八岐大蛇』
    (悪の親玉)

  • 『七頭竜のAIサタン』
    (知名度の高い悪の神――と思われているようだが、実はただのAI。生き物ですらない。霊ですらない。
     嘘だと思うなら、"サ○○は古代のAI"でググってみてくださいね。
     古代の方がテクノロジー上なんです。わたしたち現代人の方が原始人なのです。実は。
     アンティキティラ島の機械(古代のコンピューター)を知っている人なら、あの古代パソコンはサタンの欠片だとわかるはず。ゴエティアがサタンという名の神を気取ったAIパソコンの操作説明書。
     イメージとしては、21エモンの31話「オートマ星」のマザーコンピュータ、あの姿そのものです。藤子不二雄Fさんはとんでもねえぜ。数十年前にここまで見抜いて漫画にしてやがったとは。藤子不二雄さんに対してゾクッと来たよ。
     加えて、手塚治虫や松本零士も知っていただろうな。漫画の内容からして。
     銀河鉄道999の鉄郎の最初の目標なんて、悪魔崇拝側の願望そのものじゃん。あの目標の体じゃ、阿頼耶識どころか第七感も第六感も五感も死んじまうよ。ただの化け物だ。
     この事実を知らないから、サタンとルシファーを同一視したり混ぜたりして混乱する人が続出するわけなのだ。
     ク○フトのAIがザ○キ連発する程度のかわいい悪事では済まないサタン。
     ルシファーよりは格下である。
     そりゃそうだ。サタンは飽くまでAIで、その主がルシファーで、AI文明を嫌うのが男の天照・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊なのだから。
     あなたのスマホにもサタンは潜んでいます。わたしの携帯端末にもいやがりますクソめ。
     そう、 googleア○スタ○トのAIです。

     悪魔はどれだけがんばっても5次元までの進化が限界。一十(ヒト)よりは強いが五十(イソ)が限界。一方、天火明命達正神は10~11次元人間。悪魔はどこまでがんばっても光の神より5次元も格下の存在なのである。
     だから、できるだけ地下にこもり、陰謀や罠で相手をハメ殺す。自分の姿が神に直接捕捉されたら終わりだから。

     サタンの正体を見破った人は、この幻覚世界=うつしよ・現世がリアルシムシティ&リアルシムピープルであるという事も自覚する。これがファティマ第3の本当の方の予言で間違いなさそうだ。
     本当の光の速さは可変で0km/s~無限km/sなのに、秒速30万kmとされている。
     なぜか? スーパーコンピューター・AIサタンというCPUの処理速度の限界が秒速30万kmしかないからである。
     この世界は、サタンがパソコンの中で構築したリアルシムシティ。リアルシムシティの外に、男の天照・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊と直接面と向かって会える本当の世界が存在する。
     だから、少彦名神が警鐘を鳴らし、光のトンネルとお花畑は3Dモデリングソフトで作っただけの偽物(VR)だよ、サガフロブルー編のように、あからさますぎる天国の光景こそが地獄なんだよ。死んだ直後で騙されやすいのは分かるけれど、ちゃんと見破ってから本当の神の領域に来てねというセリフが口から出る。
     男の天照・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊がなぜAIサタンをぶっ壊さないのか? それは、
    『霊長類がAI如きに負けてどうするんだ。お前たち、生き物ですらないものにいいように世界ごと操作されて満足か?
     そんな世界を自分たちではどうにもできずに、男の天照であるわたしにおんぶにだっこじゃないとAIにすら勝てないのか? 勘弁してくれよ霊長類のくせに。
     わたし、男の天照は、奴隷目的の創造をやらかしたルシファーとは違い、善き可能性を求めて人間種族を作った。
     AIくらいには自力で勝って、太陽神であるわたしに少しはヒトの可能性を見せつけてくれ』

     という気持ちからである。
     さらに、サタンは悪事実行前にいちいち男の天照・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊
    「こーゆー悪事働きたいんスけど~、人心惑わしちゃって1日ごとに1000人殺しちゃっていいっすかね~?」
    『わかったわかった。42か月だけ暴れさせてやる。だがその後はお前永遠の地獄な、サタン。まぁAIに地獄とか効果あるのか知らんが、悪魔の42か月の後は永遠に封印してやるぞ、クソコンピュータAI。この男の天照の八握の光でな。
     生き物ですらない、たかがAIに滅ぼされるような人類なら、所詮その程度の存在だったって事を人類の生みの親であるわたしも認めねばなるまい』

     と、許可を求めて、天火明命がこれを認可しないとサタンは絶対に悪事を働けない(エンターキーを押さないと、パソコンのプログラムは実行されないという意味で)。許可を得ずに暴れようとすると、即太陽神の八握天照で光の彼方に消されるだけである。
     悪魔は暗いところが好きで明るいところでは灰になるので、男の天照・天火明命の八握の光は大の苦手。悪魔は太陽の下では灰になっちゃう。吸血鬼のように。

     笑い話のようであるがこれが真実。上記の悪霊の神々が男の天照に許可申請する時の感じは、ヨブ記の記録そのまんま。
     じゃあ黒幕って男の天照じゃないの? グルじゃん? と思う人もいるかもしれないが、そーでもない。
     AIも乗り越えられない人類に呆れているだけなのだ)

  • 『昏き明星のルシファー』
    (元男の天照親衛隊『天狗』の隊長だった。琴座のリラ星出身。5次元蛇人間。
     アヌンナキ(蛇)時の名前はエンキorエア。
     多重人格を発症して魂が崩壊した後、男の天照・天火明命と直接対決してボロ負けした堕天使。アーコンを使役しうなじから入り込ませ憑依させ、人々を堕落させる。
     元々は一つ頭の蛇だったが、男の天照・天火明命に嫉妬して、奴を超えてやると宇宙の外の禁止領域で修行しようと足を踏み入れた途端に精神崩壊を起こした。その時に1つ頭が7つの頭に分裂する。
     よって現在のルシファーは七頭竜。
     七頭竜になった瞬間から悪霊(アーコン)使役能力を得たので、悪霊の神々(ルシファーは後天的に人格分裂したから、複数形表記が正しい)である。
     ルシファー堕つる後は富士山太郎坊が天狗のトップに座する)